home

ぬのでクリニック

大腸ポリープ手術

大腸ポリープとは

大腸の粘膜にできる盛り上がった組織のことです

大腸の粘膜にできる盛り上がった組織のことです

大腸ポリープとは、大腸の粘膜にできる盛り上がった組織のことです。

直腸やS状結腸で多くみられ、大きさは数ミリから数センチまで様々です。
形もキノコ状のものや、あまり厚みがないものなど、色々なものがあります。

大腸ポリープは大きく「腫瘍性」と「非腫瘍性」に分けられ、通常、治療が必要となるのは腫瘍性のものです。

なかでも腫瘍性ポリープの多くを占める「腺腫(せんしゅ)」は徐々に大きくなり、やがてがん化する場合がありますので、その前に切除しておくことが重要となります。

大腸ポリープの種類

大腸ポリープ
腫瘍性ポリープ非腫瘍性ポリープ
悪性(大腸がん)良性(大腸腺腫)過誤腫性
(かごしゅせい)
炎症性過形成(かけいせい)性

便潜血検査が陽性だった場合には

大腸がんは近年、増加傾向にあり、特に女性ではがんの死因の1位となっています。

大腸がんは大腸ポリープを経てから発生するため、定期的に大腸カメラ検査を受けてこの段階で発見し、切除すれば予防可能です。
便潜血検査が陽性だった方はもちろん、大腸がんの家族歴がある方などは、検査を受けられることをおすすめします。

大腸カメラ検査で大腸ポリープが発見されたら

大腸カメラ検査時に、大腸ポリープが発見された場合には、その場で切除することが可能です。
入院の必要はなく、日帰りで切除していただけます。

当クリニックでは、従来の切除方法である「内視鏡的粘膜切除術(EMR)」だけでなく、安全性が高いとして近年、主流となりつつある「コールドポリペクトミー」という方法にも対応しています。

大腸ポリープの種類や大きさなどに応じて、適切な方法で安全に切除させていただきます。

大腸ポリープの切除方法

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

大腸ポリープの直下に生理食塩水を注入し、病変を盛り上げた後、根元にスネア(ワイヤー)をかけて通電し、切除します。

切除した病変を回収して、組織検査(生検)を行います。

対象となる大腸ポリープ
  • 比較的大きな大腸ポリープ
  • 平坦な大腸ポリープ

など

コールドポリペクトミー

「非通電切除」とも呼ばれ、大腸ポリープにスネア(ワイヤー)をかけて、通電せずにそのまま締め付けて切除します。

切除後の出血や穿孔(穴が開くこと)のリスクが低いため、安全性の高い方法として近年、主流となりつつある方法です。

対象となる大腸ポリープ
  • 比較的小さな大腸ポリープ

大腸ポリープ切除後の注意

  • 翌日、診察しますので再度ご来院ください。レントゲン撮影を行って、異常がないか確認します
  • 当日のお食事は軽食で済ませるようにしてください
  • 切除当日の飲酒、お腹に負担がかかる動作などはお控えください
  • 切除当日はシャワーだけで済ませて、入浴は医師から指示があるまでお控えください

0668161016

0668161016

top